「食べたい」と言われても「ダメ」って ひどいことをしてきたなぁ。

投稿日: カテゴリー: 日々のこと

土曜日は学童保育が休み。

ホットドッグの絵を見た娘が、「お腹すいたー。これ食べたーい。」
私の様子を見て「でも、ダメでしょ」と娘。

高校生になった次男が サンタクロースの顔をしたパンの写真を見て
「本当にあの時は食べたかったんだよなぁ。今は別にいいけど」と言ったのを思い出しました。
次男が小学生だったころ 私はパンを作って売っていました。
丁度 朝食の頃 次々パンが焼け、パンの良い香りがしていました。
でも、売るパンだからと言って ほとんど食べさせてあげませんでした。
クリスマス前にはサンタパンを作りました。
そういえば 何度も何度も食べたいって言っていたなぁ。と思い出したものの
それ以上思い出したくない思いが湧いてきました。
たぶん、子供の気持ちを考えていない ひどいことを言ったり態度をを取ったんじゃないかと・・・
で、ずるいですが思い出していません。

これを書いていて思い出したのですが、次男が帰省していた数週間前、フレンチトーストを焼きました。
売ろうかどうしようか迷いながら販売用の袋に入れました。
次男が「食べたい」というので「いいよ」と言いました。
いつもだったら、「もう、袋にも入れちゃったんだからダメ。」と、言っていたのでしょうが。
その時の次男の驚いた顔といったら。その後の嬉しそうな顔といったら。
よっぽど、食べたいと言ってもダメって言ってきたんだなと思いました。

娘も ダメって言われるとインプットされていました。
「じゃ、パンが残ったらね。」と、私。
しばらくすると、「ねぇ、いつ?」
「小さいパンでもいい?」と私。
「うん、いいよ。」
ということで お店open前に はじっこの席で 早いお昼ごはんを食べました。